2019
06.10

[旅行]ニューヨークへの旅7~米ドルへの両替~

2019/6/9~21 ニューヨーク

※本記事は2019/06/10時点の情報です。金額や渡航のルールなどが変更されている場合がありますので、ご注意ください。

海外でも便利なクレジットカード

クレジットカードを利用されている方は多いかと思いますが、海外でもクレジットカードは利用できます。

JCBが発行しているクレジットカードは、日本国内でこそ大抵の場所で当たり前のように使えますが、海外ではまだまだ使えない場所も多いそうです。VISAまたはMasterが発行しているクレジットカードであれば、海外でのお買い物も大抵問題ありません。

VISAとMasterはどちらも海外旅行に強いカードですが、旅行エリアによってはどちらかに偏りがあったりすることもあるそうなので、クレジットカードを増やすことに抵抗が無ければどちらも用意しておくのがベストです。

ただ、クレジットカードを増やすとセキュリティ上のリスク(落としたりスキミングされたり)も増すので、「やっぱり持つのは1枚だけにしたい」という方は、単純にロゴの好みだったり、カードに対してのイメージだったり選んで良いと思います。

私が初めて持ったクレジットカードはVISA。JCBは魅力的なデザインがたくさんあったり、日本人向けのサービスが手厚いのでどちらにするか結構迷いましたが、JCBはVISAと比較すると海外に弱いとの事だったのでVISAを選択して、それ以来ずっとVISAをメインカードとして使っています。

私自身、当時クレジットカードは1枚で十分と思っていたんですが、色々調べていくとカードに自動で付帯する海外旅行保険狙いで、何枚もクレジットカードを所持するのもスタンダードになってきているそうです。傷病や疾病の保険については、カードの枚数分金額が合算されて保障されるようになっているので無駄がないですし、年会費を支払って維持するクレジットカードの場合、たった1枚で家族まで高額で補償してもらえたりするものもあります✨

クレジットカードの発行には時間がかかりますので、余裕を持って申し込んでおくと良いです😆

クレジットカードがあっても現地の現金は必要

クレジットカードが利用できない、支払いは現金のみというお店が存在します。普段からクレジットカードを利用される方であれば、日本国内でも経験があると思います。

「カードはあるけど現金が無い」と気が付いた時、国内だと言葉が通じるので落ち着いてお買い物をキャンセルする事も出来ますが、慣れない海外だとお店の人に言葉や気持ちが通じるかどうかわかりません。相手もこちらが話を理解していなくても、構わずどんどん会話を進めていく事もあります。

現金があればとりあえずその場は支払って終わらせることが出来るので、十分に余裕のある現金とクレジットカードは両方用意すると安心です♪

日本円から現地のお金(米ドル)への両替

私はこれまでの海外旅行の時は、大黒屋さんで両替をしていました。大黒屋さんを選んでいた理由は、単純に立地的に良い場所にあって、為替レートも悪くなかったためです。それ以上の事は全く考えていませんでした😂

でも今回はLINE Payを利用して、LINE経由でSBJ銀行に両替をお願いしました。

SBJ銀行を選んだ理由は、為替手数料を安く済ませるためです。為替手数料は、日本円を1ドルに両替する際に大体2~4円程度発生する手数料の事です。両替する金額が多ければ多いほどこの手数料が大きくなり、両替後に受けとるお金が少なくなります。

SBJ銀行では、期間限定で為替手数料を70%OFFにするというキャンペーンを行っていました。平成が終わる直前には、90%OFFというキャンペーンも行っていました😳✨私は70%OFFのタイミングで10万円を両替しましたが、約1900円程の為替手数料がOFFとなりました。

両替の申し込みの過程でLINEに銀行口座を登録する事になるので、抵抗のある方も多いかと思います。私もそうでした😂ただ、本来支払う必要のある料金が大きく割引され、そのお金を旅行先で使えるのはすごく素敵だと思いますので、機会があれば利用してみてはいかがでしょうか😳

SBJ銀行の利用だけでなく、LINE Payに現金をチャージしてコンビニやドラッグストアで支払いをする事で、定期的に20%キャッシュバックキャンペーンなどでお得な割引受けられます。LINEに現金を預ける事にセキュリティ的な不安を感じつつも、私は総合的にはお得だと感じています😉

何度もチャージするのは手間ですが、安全面を考えると「そのとき使う分だけチャージする」のが良いと思います。

SBJ銀行への両替申し込み方法

ということで、今回はLINEを経由したSBJ銀行への両替申し込みの方法を紹介します。🤗

LINE Payへ銀行口座の登録が済んでいない方は、途中でSBJ銀行へ入金する為の銀行口座の登録を促されますが、そこで迷う事は無いと思うので省略します😳

まず画面の下部にある「ウォレット」をタップします。

タップすると写真の画面に飛ぶので、次に上部にある金額(今回は0円)の部分をタップします。

LINE Payのチャージ画面に飛ぶので、このまま画面を下の方にフリックします。

「外貨両替」という項目が出てきますので、タップします。

SBJ銀行の申し込み画面が表示されます。ここで各国の現金への為替レートが表示されます。今回の米ドルへの為替レートは1ドル111.42円なので、最近のレートとしては少し高いかなという感じです。

下部にお申込みボタンが表示されていますが、これはまだタップできませんので、先に進むには一番下までフリックしてください。

「上記の内容を理解しました」、と「ご利用の条件を確認しました」にチェックを入れます。

「ご利用条件」をタップすると、条件の説明ページに飛びます。飛ぶまで少し時間がかかりますので、タップしたら少し待ちましょう😳

条件の説明ページは、画面を一番下までフリックしないと先に進めませんので、一番下まで読み進めてください。読み終わったら「戻る」をタップしましょう。

ここまで進めると、「お申込み」ボタンをタップできるようになります。

ここから先は個人情報の入力画面になります。お間違いのないように入力してください🧸

受け取り方法は「空港での受け取り」と「自宅への配送」の2種類が選べます。

空港での受け取りは4営業日目、自宅への郵送は2営業日目以降となるそうなのです。申し込み当日は営業日1日とカウントされないと注意事項に記載がありますので、翌日から数えて平日4日目、2日目が目安になります。

私は水曜に申し込んで郵送してもらい、金曜日には届きました。とってもスピーディ😍

次にはどのくらいの日本円を両替するか。上の$100~$500というボタンで入力しても良いですし、直接入力というボタンをタップして直接数字を入力しても大丈夫です。

為替手数料70%OFFや90%OFFなどの割引を受ける場合、クーポンコードの入力をしないと割引が適用されません。LINE Payとお友達登録する事でクーポンを受信できるようになりますが、既にクーポンが配布された後にお友達登録してもクーポンを再受信できない為、事前にお友達登録しておくことが必要です。

お支払いはLINE Payに日本円をチャージして、そこから支払う形になります😳

こんな感じで届きます♪

以上でLINE経由での両替手順は完了です✨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。