2019
05.03

[小旅行]千葉・たまご屋さん「むこたま」

閑話

たまご屋さん「むこたま」

偶然通りかかって見つけた、たまごの産地直営店「むこたま」。初めて見かけた時は、天気が雨模様だったので、一瞬悩んだものの素通りしてしまいました。

自宅についてからやっぱり気になって、お店のホームページを調べてみると、ただたまごを販売しているだけでなく、加工された食品をその場で食べたり出来るそうなので行ってみました!

千葉県柏市藤ヶ谷の向台(むこうだい)ポートリーという養鶏場で生まれたたまごだそうです。
それで「むこたま」・・・なるほど✨

私の産地直営店の楽しみ方

私的に直営店の楽しみって、野菜やたまごなどの素材をそのまま販売しているものを買いたいというより、販売されている素材を実際に使って作られた料理を楽しみたいんですよね。確かに素材が美味しくなるだけでも自分自身の料理も美味しくなったりはするんですけど、どういう使い方をするとその食材がより美味しくなって、より感動を感じられるのか、生産者様の「こういう風に食べてほしい」という気持ちを理解したいんです😳

強いこだわりを持って作られた食材は、甘かったり辛かったり他の量産された食材とは違いがありますから、そのクセを理解せずに調理してしまってはもったいないです。辛くないタマネギなど、調理せず生で食べた方が美味しいものもあります。

せっかくなので最適な調理法で楽しみたいですよね😍
まあでも今回はたまごなので、最初のメニューは迷わずたまかけご飯ですよね(*`艸´)ウシシ

たまごの自動販売機

むこたま到着!・・・あれ。お店のシャッター閉まってる🤔

クレープ屋さんも、販売者はあるけど人がいません。んんん・・・?

今日は2019/05/02(木)。木曜日・・・定休日・・・😱
このミス何回やるんだろう(;'◇')ホント、もっと下調べしてから行動しないと💧

でも!

ここには、定休日でも業者さんが来て納品してくれる自動販売機コーナーがあるんです😍無駄足にならなくてよかったー。

自動販売機コーナーは、ロッカーみたいな冷蔵庫にこんな風に商品が入っています。

たまごの銘柄は「農場たまご」と「あかひご」が販売されていて、なんと「たまかけ専用醤油」まで😍たまかけ専用醤油ってすごく惹かれますよね。甘しょっぱい。

たまごの銘柄には詳しくないのですが、せっかくなので農場たまごより少し高い「あかひご」20個入りと、「たまかけ醤油」を購入しました!

帰宅後、夕飯はこのたまごでたまかけご飯をしたのですが、卵黄が通常より赤っぽいオレンジ色。ブラッドオレンジ?うーん、キャロットジュースをもう少し赤っぽくした感じです。スーパーの普通のたまごに比べると、やっぱりとろみと味の濃厚さが全然違います✨ホットケーキとか焼いたらどうなるんだろうー😍

卵黄も含め、近々調理した写真などもアップしたいと思います!

今回は食べられなかったけど、プリンやクレープも!

食べたかったけど食べられなかった米粉クレープの情報です!

腹黒クレープ生地って、名前がすごいけどこれはぜひチャレンジしたいです!
中身をむこたまプリンのクレープにすれば一石二鳥♪

クレープとコーヒーをセットにすると、コーヒーが少し安くなるそうです。

たまごの自動販売機もそうですけど、買い手に対しての心遣いが行き届いていて、勘違いで定休日に来てしまったのにしっかり楽しめました。こういうお店、本当に素敵です。

普段は節約たまごで何とも思わず頂いてきましたけど、少しくらい高くてもこういう素敵なお店の製品だからこそリピートしたいなって思います🎀ぜひ皆様も幸せな気持ちになってください✨

アクセスと駐車場など

お車で足を運ばれる方は、東武アーバンパークライン(旧:東武野田線)高柳駅から約5分ほど。
徒歩の場合も、同じく東武アーバンパークラインの高柳駅から約21分ほど。

お店の敷地内に駐車場があり、少なくとも10台以上は駐車できるスペースがあります。駐車場への入り口も広くなっていて、運転に慣れていない方でも車同士のすれ違いは難しくないかと思います。

たまごを購入してすぐ立ち去る方も多く、車の出入りが頻繁でしたので駐車で困る事はほとんどないかと思います🎀

「むこたま」様の公式ホームページはこちらです。たまごは公式ホームページから注文して、ご自宅まで配送してもらう事も可能だそうです😉♪

コメント

    • ☆HIKA-RU
    • 2019年 5月 07日

    今度はプリンとクレープを食べるのね

  1. この記事へのトラックバックはありません。