2018
11.19

お気に入りの曲 – ESNO「Release」

閑話

お気に入りはしっとり系

私はしっとり系の曲が好きで、夜のお供によく聞いています。

癒される曲の代表といえば、自然の音やハープやオルゴールで構成された曲など、主に楽曲に歌詞が入っていない曲かと思います。私は曲に歌詞が入っていると、どうしても歌詞に意識が行ってしまってリラックスできないんです。

でも、今回おススメする曲は歌詞が入っています。歌詞が入っているのに思考の邪魔にならず、スッと耳と心に馴染んでリラックス出来る・・・そんな私にとって理想的と感じるCDを2枚紹介します。

ESNO「Release」

2017年に、西原健一郎さんが手掛けたCD「Sound Remedy –Folklove- mixed」を聞いてから、西原さんの曲が好きになりました。ESNO(エスノ)というのはその西原さんの別名義だそうです。

今回紹介したいCDは、ESNO「Release」です。ジャケットがとても可愛いです。私が描くイラストも、最終的にはこんな雰囲気になったらいいな。感覚的にこの色使い本当に好きです🐾

今まで色々なアーティストのCDを聞いてきましたが、CDに入っている曲全てを通して丸ごとリピートするという事はなかったと思います。一枚のCDに10曲前後入っていたとして、繰り返し聞くのは1~2曲かな・・・でも、このCDは丸ごとリピートしていても、12曲あわせて1曲という感じで自然にしっとり聞き続けられます。

全曲に日本人アーティストの女性ボーカルが入っていますが、ゆったりした曲調にウィスパーボイスで演出されているので、ヒーリング系の曲をイメージすると近いかもしれません。微妙にボーカル入りの曲が苦手な私ですが、抵抗なく聞けてとても癒されてます🍎✨

もともと6曲目のdaokoさんの「夕暮れパラレリズム」が聞きたくて手に取ったのですが、3曲目のボンジュール鈴木さんの「21時のクラゲと月」を始めとして、ボーカルが入っていながら入眠時にも聞けてしまうという優しい雰囲気に、他の曲も全部好きになりました!

Kenichiro Nshihara 「Sound Remedy –Folklove- mixed」

上でもちょっと名前を出しましたが、西原健一郎さん名義のCDに入っている「Can We Talk」のアレンジも大好きな曲です。

「Can We Talk」の原曲アーティストはTevin Campbellさんですが、ムーディなとても素敵な曲です♪Tevin CampbellさんのCDはかなり古いので、TSUTAYAのレンタルでも見掛けません。なので、聞くとしたらYou Tubeでしょうか。私もCDを探してるんですがなかなか見つかりません。いつか手に入れたいなー💐

撮影を忘れて手元にCDがないので、ジャケット写真が載せられずごめんなさい!

このCDも素敵な曲が揃っているので、気になった方はぜひお手に取ってみてください♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。