2020
05.17

FF14 – 裁縫・格闘・園芸ギルドへ –

サブクエスト

今日は前日つくよみさんに連れてきていただいた砂の都ウルダハからスタート(*'▽')

格闘士になるためにウルダハまで来ましたが、主に物の生産などを行う裁縫士や園芸士なども興味があったので、今回は全部で3つのギルドにお邪魔してきました。

その過程でクラフターやギャザラーなど見慣れない言葉が出てきましたが、街の外で採集をするのがギャザラー、武器や防具の生産や修理を行うのがクラフターという区分けになっているようで、裁縫士はクラフター、園芸士はギャザラーに分類されるみたいです。

元々は格闘士と裁縫士だけで進める予定だったのですが、裁縫士ギルドのマスターから、裁縫で使う素材などはお店で買い揃える以外にも、園芸士であれば無料で入手できると聞いたので園芸士も始める事にしました( *´艸`)

格闘士ギルドへの入門

まずは最初の目的、格闘士ギルドへの入門。初めてのクラスチェンジになります。

格闘士ギルドのマスターはいかにも強そうなおじいちゃんです…けど、格闘おじいちゃんキャラが下心丸出しなのはお約束!

たぶんこの踊り子さんたちかな…?(*'▽')

ここで初めてクラスチェンジの方法を教えてもらいました!該当するクラスが得意とする武器を装備するだけで、クラスチェンジが完了するようです。その場で変更できるのはすごく便利です♪

初めてチェンジするクラスでは、またレベル1からのスタートになります。
入門する意思を確認するために、弱目の敵を倒すように指示を受け、無事に格闘士ギルドへの入門完了(*'▽')

裁縫師ギルドへの入門

次は裁縫師ギルドへ。

私にとって初めてのクラフタークラスですが、糸を紡いだり布を織ったりするだけでどんどんレベルが上がります!外で戦ってレベルをあげるのとは大違い(;'□')

この記事を書いていて気が付いたのですが、格闘士などのファイターやソーサラークラスは「〇〇士」で、クラフターやギャザラークラスは「〇〇師」なんですね。

士と師…いろいろな情報を調べてみましたが、現実世界でこの2つを明確に区別するルールはないのだとか。FF14ではどういう意図で使い分けてるのかな(*'▽')

裁縫師ギルドのマスターは大柄な…だんせ…女性(*'~')
こういうタイプのキャラって怒ると怖くて、味方になってくれる時はとても頼もしい印象。不思議と安心します( *´艸`)

手でちくちく、ホイールでくるくる。裁縫楽しいです♪

園芸師ギルドへの入門

最後にグリダニアに戻って園芸師ギルドへ。街によってギルドの種類が違うので、お金がないと往復が大変です。

園芸師は鎌のような器具を使って木から様々な素材を手に入れる事が出来ます。木を切るたびに経験値が入って、どんどんレベルが上がります。入門クエストでは草糸の素材は取れなかったけど、これからは素材を集めたり布を織ったりする事でお金が稼げそうです('◇')♪

お金に目がくらんで無心で木を切っているところをりょなさんてまりさんつくよみさんに見られました( ;□;)w

みんないつも駆けつけてくれて、遊んでくれてありがと~♪
まだ何が出来るのかわかっていない部分も多いけど、いつかレベルが上がったらみんなのお手伝いができると良いな!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。