2020
05.25

FF14 – 弓術士クエストLv20 –

サブクエスト

闇に放たれし矢

弓術士のレベルが20を超えたので、弓術士のクエストを進めて行きます。だんだんレベルが上がりにくくなってきたので、落ち着いて記事がかけます( *´艸`)

今回は3人での行動になるようです。何やら物々しい雰囲気。

向かう先は黒衣森の南部、酒房バスカロンドラザーズ。お店の前までは何度か足を運んだことがあるので、迷う事はなさそうです(*'▽')

酒房バスカランドラザーズ

酒場までの道中は迷う事はなかったのですが…話しかける相手を間違えて、酔っ払いに絡まれてやれるところでした('ェ';)ヒェ

バスカロンドラザーズに到着すると、店主から密猟者の話を聞くことが出来ました。パワ・ムジュークの名前については初めての情報でしたが、シルヴェルが詳しく知っていました。どうやらかなり手ごわい相手みたいです。

手掛かりを探すため、3人で森の調査を開始します。

マップに赤く丸で囲まれたエリアに、3つの手がかりがありました。トラバサミ密猟者の矢汚れた古い酒瓶。なんとなくどれも手掛かりになりそうにないけれど…。

3人で状況を整理。やはり、最初はどれもパワ・ムジュークに繋がる手掛かりにはならないという結論に。密猟者なら誰でも扱う道具ばかりなのだそう。

またも2人が言い争いを始めたので、言い争っている場合じゃないと諭したところ、私にも意見を求められたので、一番微妙な手掛かり「汚れた古い酒瓶」について確認することにしました。

すると意外にも話の流れが急展開に。シルヴェルが何かピンときたのか、今はもう使われていないバスカロン監視所跡が怪しいという事で向かうことになりました。

パワ・ムジュークとの交戦

やっぱり戦闘があるのね('ェ';)

パワ・ムジューク登場。

夜の森の中は元々視界が悪いですが、さらに真っ黒い衣装になっています。この姿で気配を消されたら絶対気が付けない('ェ';)

今回の戦闘では、パワレイが足止めしてる間に、私とシルヴェルパワの部下を殲滅することになりました。

戦いのあと

なんとか撃退できたものの、パワと対峙したレイが自分の弓が全く通じなかったことに対して落ち込んでしまいます。

気が付けばすっかり夜が明けていました。

これは私が戦闘を終えたタイミングがちょうど夜が明ける直前だっただけなんですけど、なんだか長い闘いが終わった感じの雰囲気がいいですね( *´艸`)

弓術士ギルドに戻り、ルシアヌに報告するとまた褒めてくれました。

レイシルヴェルに仕事を任せて、喧嘩をせずに帰ってきたのは初めてなのだとか。技術は未熟でも、こんな私にも出来る事はある。良いところを認めて前に進むための心を育ててくれる本当に良い先生。

「あなたは素直な目を持っている。その目をあの子たちにも貸してあげて。」

この言葉で励まされたのは何度目かな。
大事なのは技術だけじゃない、そう言われている気がしました(*'▽')

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。