2020
06.02

FF14 – キャンプ・ドライボーンへ~猛る焔神イフリート –

メインクエスト

キャンプ・ドライボーン周辺で起きた2つの事件

前回、秘密組織「暁の血盟」への勧誘を受けた私は、再び砂の家を訪れミンフィリア暁の血盟への参加の意思を伝えます(*'~')

ここで改めて暁の血盟のメンバーについて、詳細な情報を聞くことが出来ました。グリダニア担当のイダパパリモウルダハ担当のサンクレッドリムサ・ロミンサ担当のヤ・シュトラ。彼らは、エーテル学や魔法については帝国を凌駕するほどの知識を持つ、シャーレアンという国の出身。賢人と呼ばれている人たちなのだそうです。

今回私が受け持つ任務は、蛮神問題がどのようなものなのかを理解する為に、サンクレッドと協力して東ザナラーンキャンプ・ドライボーン周辺で起きているクリスタル強奪事件誘拐事件という2つの事件の調査をすること。ミンフィリアは、この2つの事件に蛮族アマルジャ族蛮神が関与していると思っているそうです。

クリスタル強奪事件については、クリスタルを強奪されたアマジナ鉱山社の方で護衛を増やして対処するという事だったので、私たちは誘拐事件についての調査を進めていきます。

誘拐された人々は煙のように消えた

早速キャンプ・ドライボーンへ移動し、顔役のイセムバードへ挨拶します。

最初の調査。まずはアマルジャ族の姿を実際に見る事で、なにか分かることがあるのではないかという提案を受け、アマルジャ族に襲われて亡くなった人々の野ざらしになっている遺体の回収を依頼されます。

遺体回収の際にアマルジャ族と戦闘になったのですが、私は「姿形が人とは大きく異なる」ということ以外特にピンときませんでした('ェ';)それよりも、遺体がこんな状態で野ざらしになっていて悲しいです。

イゼムバードに報告すると、その姿形が人とは大きく異なるというところが問題なのだそう。

これまで誘拐されてきた者の多くは貧民で、その貧民たちが誘拐されるときは煙のように音もなく消えてしまうのだとか。アマルジャ族のような目立つ姿で、そのようなことが可能なのか。共謀する者がいると考える方と辻褄が合う…という事のようです。

ウグストという商人

2つ目の調査は、貧民たちについて知ること。煙のように消える貧民たちについて、何か情報がないか調べます。そのために周辺事情に詳しいウグストという商人を紹介されます。

この人!別のクエストウルダハの貧民をいじめていた男(; ・`д・´)本当は「誰だっけ?」って言いたいけど、よく覚えています。名前付きで再登場するとは…。

ウグストによると、貧民たちは過去にウグストのような人間に騙されて重労働を強いられたり、貧民をターゲットにしたと思われる謎の誘拐事件の発生などの事情もあり、人が近づいただけで逃げてしまうほど警戒心が強くなっているのだとか。ウグスト自身のくちからこれを語るのね('ェ';)

ただ、貧民の1人から1つ重要な話を聞くことが出来ました。

貧民に優しくしてくれるのは司祭様だけ。

司祭オルセン様は貧民にも優しい

司祭様オルセンという名前の女性。キャンプ・ドライボーンより北にある聖アダマ・ランダマ教会にいるようです。司祭様に会って話を聞いてみます。

あまり情報は得られませんでしたが、第一印象としては悪い人ではなさそう。でも、人望の厚い司祭様が実は裏切り者でした…というのは創作などではよくある話。

キャンプ・ドライボーンに戻り、イセムバードにどうしたものかと相談していると、サンクレッドが登場。

ひと目に付かず貧民を拐うことが出来るのは、司祭オルセンしかいない。

オルセンがやったという証拠はなにひとつありません。けれど、貧民たちに警戒されない唯一の人物であるという状況から判断すれば、どうしても疑われてしまうのはオルセン…。

司祭オルセン様と貧民の子供たち

イセムバードによると、オルセン聖アダマ・ランダマ教会よりさらに北にあるゴールドバザーによく足を運んでいて、貧民の子供たちと何かをしているらしい。本当にオルセンは犯人なのか…彼女の本当の姿を知るためにゴールドバザーへ向かいます。

ゴールドバザーに到着すると、子供たちがなにやら慌てている様子。オルセンが1人で外に行ったまま帰ってこないのだそう。もしかしてここでアマルジャ族と取引を…?それとも…。

オルセンの足取りを追ってみると、なんと魔物に襲われていました。子供の母の形見の指輪を探しに来ていたそうです。自分の命の危険も顧みず。私が助けに来なければきっと助からなかったはず。こんな人が、どんな理由であれ誘拐などに加担するのでしょうか。

どうやらオルセンの疑いは晴れたようです。良かった(*'▽')

代わりにサンクレッドが新たな手掛かりを掴んでいました。怪しいアマルジャ族がいたので後をつけたところ、アマルジャ族が集まる陣地の中に入っていったとのこと。

敵地の奥で見つけたビラ

敵陣地に入ると、アマルジャ族がうじゃうじゃ。さすがに見つからずに奥へ行くのは難しい…と思ったのですが、私のレベルが30もあったので、目が合っても相手が怯えてかかってきません( *´艸`)とてもスムーズに証拠の品「怪しいビラ」を持ち帰ることが出来ました。

怪しいビラの内容は、貧民に職をあてがう集会のものらしいのですが、内容がどうも胡散臭い。字が汚く、ナルザル神についての知識もおかしい。本職の聖職者が書いたものでないことは明らかであるらしい。

オルセンにビラの内容を確認してもらうと、やはり相当ヒドイ内容だったようです('ェ';)

そしてさらに、ずいぶん前に司祭の衣装がなくなっていたことが判明。誰かが司祭になりすまし、誘拐を実行している可能性が出てきました。

犯人の名は…

犯人は司祭様になりすまし、職を求める貧民たちを騙して連れ去っている。

ここまで分かったところで、サンクレッドが勝負に出ます。私たちが職を求める貧民に変装し、犯人が近づいてくるのを待つ。

ということでこんな格好をしています!私は農家の人みたいな姿なるのに、安物を着てもかっこいいサンクレッド('ェ';)クッ
もしこれで貧民に見えなかったらサンクレッドのせいです!

という心配をよそに、ほどなくして犯人登場!

犯人はウグスト。この人の存在をすっかり忘れてたけど、そういえばこの人一番怪しいじゃん('□';)私も含め、なんで誰も怪しまなかったの!

サンクレッドの「なぜこんなことを?」の問いに対し、このあと色々とそれっぽい言い訳をし始めますが、悪党の悪知恵に付き合っている暇はありません。

ウグストの身柄を不滅隊へ引き渡すのをサンクレッドに任せ、私は一度砂の家に戻りミンフィリアに報告します。

形勢逆転

ミンフィリアの指示を受けて、不滅隊と合流した私。ウグストから、アマルジャ族と次に取引を行う場所と日時を入手したそうです。奇襲でアマルジャ族を制圧して、誘拐された人々の行方を追う作戦。

空は暗く、雨が降っています。ストーリー上の演出なのか、私がプレイしたタイミングがたまたまそういう日だったのか。いずれにしても良い予感はしません。

ウグストアマルジャ族が向かい合い、不滅隊が奇襲をかけると同時に、予想以上の数のアマルジャ族がなだれ込んできました。

ラウバーン率いる不滅隊士の中に裏切り者がいたようで、今回の作戦が完全に読まれていたようです。

大量のアマルジャ族からの猛攻を受け、味方の不滅隊士が徐々に捕縛されていきます。私のレベルが高いせいで全然HPが減らなかったので、私1人でも戦い続けることが出来たなら負けなかったと思います( *´艸`)

最後は魔法で眠らされてしまいました。一度倒した相手(ウグスト)の策にハマって、眠らされて捕縛されるというのは想像以上に悔しい( *;□;)

猛る焔神イフリート

ここからは、この事件の後日談としてミンフィリアサンクレッドから聞いた話を交えて書いていきます。

目が覚めると、不滅隊士や貧民たちと一緒に暗い洞窟の中に閉じ込められていました。私たちは、これから蛮神イフリートに差し出されるのだそうです。

イフリートの前に差し出され、洗脳を受けて一斉に正気を失った人間たち。

蛮神の強さは、蛮神の祝福(洗脳)を受け正気を失った信者の数と、捧げたクリスタルの数が多くなるほど強くなるのだとか。アマルジャ族がクリスタルを強奪していたのはこのためだったのですね。

蛮神の祝福(洗脳)を受けて正気を失った人は、その後運よく救助された場合でも、蛮神の力を削ぐためという理由で秘密裏に処刑されているということでした。洗脳って恐ろしい…。

ただ、この蛮神による洗脳は、「超える力」を持つ私やミンフィリアには無効で、このことが「超える力」を持つ者が蛮神に対する切り札となると言われていた理由となっています。

初めての蛮神戦。

イフリートの技の特徴や行動パターンなどは行く前に少し調べてはいたのですが、実際に戦ってみると技の範囲などが全然つかめず…大ダメージの技を何度も受けてしまいました。

知識として知っているだけではうまく動けないという事を痛感しつつ、パーティメンバーの方にサポートをして頂きながらクリアできました(*'▽')

ありがとうございました!

手に入れた赤いクリスタル(*'▽')途中でなにも説明がなかったので予想になってしまいますけど、火のクリスタルという事でいいのかな!

最初の青いクリスタルも見えるので、たぶんあと4回こういう戦いがあるのかな(*'ー')

砂の家に戻ると、サンクレッドが落ち込んでいました。

無事だったわけだし、ごはんをおごってくれたらそれでいいよ( *´艸`)プスプス

誘拐事件の調査からイフリート討伐まで一気に進めたので、上位クラスにチェンジするためのメインクエスト「青葉の思惑」まであと一息。吟遊詩人になることを目指して頑張ります(*'ω'*)

これまでの冒険の動画も撮影しているので、準備が出来たらYoutubeにアップしていきます(*'▽')もしよろしければご覧ください!

引き続きよろしくお願いします。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。